忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

茶屋町ブレストクリニック

身内の者が「胸が気になる」と言い出し
茶屋町ブレストクリニックの脇田和幸先生のところで診てもらっていました。

「まぁ大丈夫やろー」とタカをくくっていたのですが、
思いがけず細胞診まですることになり
ちょっとブルーに・・・。(本人はケロッとしていましたが)

結果が出るまで気になっていたのですが
今日、聞きに行った検査結果は「悪いものは出ませんでした」だったので
「良かった~」と一安心した次第です。

脇田先生は、私が以前に、病理診断のセカンドオピニオンでお世話になった先生。

その際に、喋りやすくて好印象の先生だったので
身内も安心してお任せできると思ったんですよね。

万が一、治療が必要になったときには、
淀川キリスト教病院と治療の連携ができているみたいなので
そのあたりもいいと思います。

クリニックの受付の女性も、
ついこちらも笑顔になってしまうような
とっても感じのいい人でしたよ。

私が思うにクリニック(開業医先生)の利点は
・主治医の転勤の心配が少ない
・診察日が多い(だいたいいつでも先生がいる)
(大病院は○○先生は○曜日だけ、とかなので)
・前回からの受診が6か月あいても、そんなに高くない(ですよね?)
(200床以上の病院は6か月の期間があくと「選定療養」が加算されてしまう)

大阪で、これから乳がんポン検診を受ける人
茶屋町ブレストクリニックの脇田和幸先生、おすすめしまーす。

ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.09.06 (Mon)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(1)

コメント

新着コメント
じゅんじゅんさん こんばんは。

身内の人、検査結果良かったですね~
実際治療しなくても、良い先生を見つけたら
何か安心するよね
うりれお
編集
URL
2010.09.07 (Tue) 18:40:41
Re:新着コメント
うり姉さん、こんばんは~
ありがとうございます!
前の日に、イヤな感じの夢を見てしまったので・・・
結果を聞いて安心しました。
義姉にも脇田先生を紹介すれば良かったかも・・・
管理人じゅんじゅん
2010.09.07 22:03
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.