忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.11.20 (Mon)
Category[]

放治科日記:2010-11-2

昨日に引き続き、2日連続の通院。
今日は、約半年ぶりの放射線治療科の日。

乳腺外科&婦人科のカルテをみながら、
放治科先生と、一連の話しをしていると
「へー、今、そんなふうになってるん・・・」と、きめ細やかさに感心していた様子でした。

検査について
「骨シンチとPETの被爆量は?」
わかりません

「PETって脳もわかるんですか?」
脳はわかりません。真っ黒になります。
いきなり脳に転移というのは、まぁ珍しいでしょう・・・。

早期だったし、必死に探さなくても大丈夫だと思います。

肺炎みたいな感じは?
腕のむくみは?
「大丈夫です。ありません」

「太りました」
食欲をちゃんとコントロールするように
え?なんで食欲ってわかるの???運動不足かもしれんやん・・・。

じゅんじゅんさんの主治医先生は、
検査とかあんまり仰らないと思うから・・・
(自分でちゃんと気をつけて検査とかの管理をするようにって意味だと思います)


ベッドで脱いで胸の視診&触診(ないかな?と思ってたけどありました)

切ってかたくなってるところは、だんだんと小さくなってくる
そうなると余計にかたく感じるようになると思うけど
びっくりしなくてもいいから

放射線治療後、半年程度じゃあ、色もまだまだ残ってます
(2010/4/22が最後)

乾燥対策は、クリームとか乳液とかつけて保湿してください


放治科先生に私から教えて差し上げたことは・・・
「汗かかなくなるって聞いてたけど、ヌーブラしたら汗かきましたよ」

放射線治療医の知識として、引き出しに入れておいて下さい。


診察時間は15分くらい。

半年後に予約を入れてもらって帰りました。

次の予約があると、なんとなく安心するのは私だけ?

▼お支払い▼
再診料:210円

ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.11.02 (Tue)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.