忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

初めての乳がん検診3

「触った感じは良性っぽいんですけど、
エコーで診た感じはちょっと・・・」


「細胞を取って検査してみましょうか」

「えっっっ!!!」
ドラマみたいやんっ!
マジでぇ?

「針の太さはおソバよりちょっと太いくらい、
麻酔をしますので、そんなに痛くはありません。
細胞を取るときに、バンッて大きな音がします、
傷は1ケ月くらいでほとんどわからなくなります」


とうとうそんな細胞の検査にまで突入・・・
思ってもみなかったです、ほんとに。

そんなに痛くはなかったけど
確かに音はデカかった。

後でわかったのですが、
エコーでみながら細胞を取る「針生検」という検査でした。

注射の後の小さいテープみたいなのを貼られて
看護士さんから
「テープは自然に勝手に取れるまで、
そのままにしておいて下さいね」

先生からは、
「仮にがんやったとしても、初期なんで」って。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2009.07.31 (Fri)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.