忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

乳がん乳房温存手術の説明2


「実際はね、がんの範囲っていうのは、手術前の画像でみた範囲と、実際に手術が終わって、最終病理検査が終わって顕微鏡でみた範囲とではね、たぶんね、顕微鏡でみたときの範囲の方が、広いと思うんです。広いんです」

「特にじゅんじゅんさんの場合は、浸潤性小葉癌という、広い、広がるタイプの方なんでね、だから、よくあるんです。手術前の広さよりも、全然広かったですよ、とか」

「そしたら、余白2cmで大丈夫なんですか?」

「いや、あんまり沢山取ると、それを恐れてね、形がだいぶ崩れちゃうんで、だから2cmを取るのが普通です」

「で、もちろんね、何べんも脅しとるみたいやけど、思ったよりも広い場合があると言いましたけど、思った通りのことも、ほとんどなんですよ。だから2cmで取るんだけどね」

「最初から上手くいかん手術はしませんからね。ほとんどは上手くいくんですけど、じゅんじゅんさんの場合は、ちょっと広いことがあるんで、このがんの種類からいうとね、だから知っといて下さい」

「で、もし広くて取り残った場合、これはちょっとがんが残ってるかも、という場合は、残り方によって、またその後の治療の選択が変わってきます」

「ほんのちょびっとやったら放射線治療でいいと思いますし、沢山残っている場合には、追加切除っていうことで、もう1回手術っていうのもあり得ます。統計的には20%くらいです」

「ふーーーん・・・」

「あくまで統計的やから。20%でも10%でも、じゅんじゅんさんにとっては、あんまり変わりませんよね」

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ

PR
2010.01.29 (Fri)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.