忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

乳がんホルモン治療の本とか

がんポン治療関係の本(ホルモン治療)とか
著作権は大丈夫かなーーー?
1
抗エストロゲン剤タモキシフェンが日本で承認されたのが1981年
LH-RHアゴニスト製剤のゾラデックス、リュープリンが1994年、
ファドロゾールという第一世代のアロマターゼ阻害剤が1995年、
そして第二世代のアナストロゾールが2001年
2
3
4
5
+/マイナス
ザングトガレン
↑ ザンクトガレンカンファレンス2009より
  • 閉経前女性の標準的補助療法はTAM、OFS+TAM


  • ありがとうございます
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
    PR
    2010.05.13 (Thu)
    Category[全て]
    Trackback(0)
    Comment(0)

    コメント

    この記事にコメントする
    Name:
    Mail:
    URL:
    Title:
    Comment:
    Password:
      Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

    トラックバック

    この記事へのトラックバックURL
    Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
    Powered by Ninja Blog.