忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018.07.22 (Sun)
Category[]

診察日記:2010-8-3

今日の診察は楽しかった
病院で楽しいっていうのも、へんやけど

採血だけかと思いきや、
思いがけず触診してくれるってことになって・・・
・・・不意打ち!

そんなつもりじゃなかったから、
靴(サンダル)がまた、「脱いだり履いたり」が
めんどくさいやつやったし

よく考えてみれば、
手術後の放射線治療以降に、転院してきたようなもんやから
今の主治医先生には、服を着たときしか会ったことがなくて・・・
だから、初めて服脱ぐ感じやってんなー

いちばん最初っからなら診て貰ってるのなら「当たり前」やけど、
今から初めてそういうのって、改めてハズカシイような・・・


それでもすごいもんで、
一切「恥ずかしい」とか「照れくさい」とか
感じさせることが無かったのはさすがです

それどころか「先生、反対側の胸もしっかり診といて下さい」言うてたし、私。

今日、初めて触診してもらって、やっとほんとに
「先生の患者」になったような?


手術の跡を見て
「きれいにしてるなー」て言うてはったから、
乳腺外科の先生がそう言ってくれるくらいやから、
前の先生、ほんまに綺麗にしてくれてんやろうなぁ・・・

がんポン手術後の胸は、自分の胸しか見たことないから
比べようがないし

次、手術の先生に会ったら「ほかの先生方も褒めてたよ」と
いっぱいお礼を言っとこう

で、ちょっと気になることを聞いてみました。

「例えば、ノルバデックスで生理が止まったとしても、
 それがゾラデックスしなくていいっていう理由には、ならない?」って聞いたら
「それはなれへん」って、きっぱり言われた


そっか・・・
同じ「生理が止まる」でも、
ゾラデックスをしなくていい理由にはならないのね・・・
(私の場合、治療はノルバデックス単独なので)


5月6日からノルバデックスの服用を初めて
5月30日
6月24日
と、生理が2回あったけど
7月分は、まだ。
そんなに遅れることは無かったからなぁ・・・


で、CYP2D6の臨床試験用の採血を
なんと先生自らしてくれた!


がんポン患者歴、約1年
ドクターに採血してもらうのなんて、初めてやん?


私の血管は難易度が高いみたいで
看護師さんにもよく「細いですねー」とか「どこかなー?」とか言われたり
お下手な看護師さんには、2回も針を刺されたことも。


先生も、「う~ん・・・」と、若干お困りのご様子で
言い訳みたいなことをブツブツ言いながら血管を捜してくれて、
ちょっと可愛いかったです。
挫折しないで他の人に委ねることなく、先生ご自身で採血して下さいました。

しかも1回で成功!

私の病院、診察室に看護師さんがいなくて
主治医先生と、もうお一人お若い先生が、助手のような感じでいらっしゃるのですが
大学病院って、こんなもん??


臨床試験担当の先生からの問診で
「今日は何時頃、ノルバデックスを飲みましたか?」
「2週間以内に、飲み忘れたことは?」
「ノルバデックスを飲み初めて、ホットフラッシュはありますか?」
「2週間以内に喫煙しましたか?」
「2週間以内に、何かほかのお薬を飲みましたか?」
などなどの質問がありました。

昨日、歯医者さんからの薬「バナン錠」(化膿止めの抗生物質)を2錠飲んだけど
それは問題ないそうで。


話しはとびますが
昨日、歯医者さんから出た薬で、化膿止めの「バナン錠」というのが処方されて
そのとき歯科医師に「明日、血液検査するんですけど、薬飲んでも大丈夫ですか?」って聞いたら
「たぶん・・・、大丈夫と思いますけど」という返事。

患者としては、はっきり「大丈夫です」と言い切ってほしいとこ。
だってその血液検査の結果で、薬を変えるかどうか決まるねんもん・・・

で、処方箋薬局の薬剤師さんに聞いてみた。

「明日、血液検査あるんですけど、この薬飲んで大丈夫ですか?」
「何の血液検査ですか?普通の健康診断みたいな?」
「いえ。遺伝子の検査です。乳がんポンの治療の薬を決めます」
薬剤師さんはきっぱりと「問題ありません。大丈夫です」

あぁ
こんな薬剤師さん、大好き。

病院前にある、いつもの薬局の人はみんな頼りないけど
やっぱりちゃんとしてはる薬剤師さん、いてはるやん。

最後に、今日の診察代は「再診料」の210円のみ。
触診しても、加算されないんですねーーー。

ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.08.03 (Tue)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(1)

コメント

新着コメント
薬のこと、大丈夫ってはっきり言ってもらうと安心しますね。

簡単な検査等は初・再診料に含まれてるみたいですよ!
ごめちゃん
編集
URL
2010.08.04 (Wed) 09:47:01
Re:新着コメント
そうそう!
いい薬剤師さんで良かったです。

触診してもらうだけでも、
なんとなく安心できるもんね
管理人じゅんじゅん
2010.08.04 19:09
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.