忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

病棟の給湯室にて

自分の病室で昼ごはんを食べたあと、
給湯室で「モンカフェ」を入れていたら、
白髪混じりのショートカットの知的な感じの女性と雑談になった

そのうち、
女性「何で入院してはるのん」
私「え・・・?(えっ??)乳がん」
女性「何で神経内科に入院してるの?」
私「ここ、神経内科と放射線治療科ですよ」
女性「あ?そう。私らみたいな病気の人ばっかりと思ってた」
女性「私、こないだ結果出て」
心の声(聞かせてくれんでいいでぇ)
女性「パーキンソン病」
私「あぁ・・・」
(スルーする事も出来ず、私が出来る精一杯の相づち)



あの女の人、自分と同じ病気かな?と思って、私に聞いてきはったのかな?

私、病名を聞かされた後のリアクションに困る

何の病気かとか、そういうのって、なんとなく、だんだんと自然にわかっていったりするんじゃないの?

わからんかったらわからんかったで、それでいいし

私も、もっとおばちゃんになったら、あんな風に聞いたりするようになるんかなぁ?(今はなれへんと思ってるけど!)


看護士さんとそんな話をしながら検温してたら、37.1度もあったわ

デリケートっていうか、わかりやすいなぁ、私の体

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.04.02 (Fri)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(1)

コメント

新着コメント
お気持ちお察しします

関係ない話ですが、
大阪弁のブログって、
ほんわかしてて好きです

外泊許可おりましたか・・?
編集
URL
2010.04.02 (Fri) 18:02:08
Re:新着コメント
“えらいに無神経にストレートな聞き方してくるなー”と思いましたが
その女の人も、決して悪気はないんでしょうね

ただ、接し方がわからない、です(苦笑)


2泊の外泊は却下されたので、土日の1泊で帰ります(嬉)

給湯室へ行かずにすむよう、電気ポットを持って来て、来週からは病室に引きこもります

北海道って、標準語ですよね?

今日、北海道の女の子の乳がん体験本を読んでました(当時21、今は30才くらいかな?)
管理人じゅんじゅん
2010.04.02 19:19
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.