忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

患者になって思うこと

私は「術中迅速病理診断をしてほしい」ってこだわってたけど
主治医先生は
「いらんと思うけど、じゅんじゅんさんが希望なら、します」

で、結局してもらった。

術中迅速では「断端陰性」で喜び
手術2週間後の病理診断では「別病変での断端陽性」でガッカリ。

ただ、先生の言うとおり、術中迅速をしてなかったら
「術中迅速してたら、断端陽性にならずにすんだかも・・・」って
後悔してたと思う、絶対に。

こういうのは精神衛生上よくない、
心のQOLが下がってしまう。

結果的に先生の言う通り「いらん」かったけど
してもらってて良かったと思う。
納得できるもん、その方が。

私は(母親に言わせると)
がんこで
変わり者のところがあって
ひねくれてるらしいから

自分の意見を通したがる
誰でもない他でもない自分のことやから
自分の意見を通したがってしまう

けど

それでいいんちゃうかなー?と思う。
自分が納得するために。

あと、病気(がん)について、
「わからないこと」も
めっちゃぎょうさんあるねんなっていうのも思った。
「わからんこと」
「曖昧なところ」とか。

ガイドラインとか読んでても
「え!?それでええのーん?」ってツッコミどころがあったり・・・

個人差もあるから
個人差とかがあるやろうから、
余計に一概にはひとくくりには考えられへんねんなぁって。

無再発率90%に入れるのか
再発率10%に入ってしまうのか
わかれへんもんなぁ・・・。

「どっちも0じゃないからね」(←主治医先生談)

ほんま、その通りやわ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.02.15 (Mon)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.