忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

小葉癌の・・・

小葉癌は乳がんポンの中で特殊型に分類されていて
割合としては5~10パーセント程度といわれているそうです

その5~10パーセントの少ない症例の中で
「転移の仕方が云々」
「抗癌剤が云々」
「予後が云々」
等々といわれても
データとしてどうなんやろ?と、
常々思っていました

そんな疑問を先生に投げかけたところ
「少ないって言っても乳がんポンの年間罹患者が●万人もいるからね、その5~10パーセントだからねぇ・・・」

もう一人の先生は
「データを取れるほどの症例数があるのかなぁ?と思う。
『たまたまそういう症例に遭遇』→『そういう印象になった』ってことかもしれないし。
小葉癌でも、予後がいい人はいらっしゃると思うし、
乳管癌の良くないタイプのもあると思うし」



私は後の意見に賛成


ところで、
私の乳がんポンは『がん登録』っていうの、されているのかしら?

せっかく数が少な目の小葉癌になったので、
ちゃんと『がん登録』ってのをして、
データの一つとしてでもいいから、
何かの役に立てて欲しいと思います

がん登録の仕組み:がん情報サービス



ありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.04.15 (Thu)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(2)

コメント

新着コメント
じゅんじゅんさん こんばんは。

そーですね~私達は貴重な存在ですよ~(笑)
私の先生も後の意見です。
その人の体質もあるだろうし、癌自体も色んな要素があるから・・・
抗がん剤をするかどうか迷う時はオンコタイプを薦めてるみたいです。
うりれお
編集
URL
2010.04.15 (Thu) 21:58:51
Re:新着コメント
うりれおさん、こんにちは!
オンコタイプ、54万円の検査結果が、中リスクのグレーと出てしまったらイヤすぎなので、速やかに保険適用になって欲しいです!
管理人じゅんじゅん
2010.04.16 09:39
はじめまして
はじめまして
同じく浸潤性小葉がんで1月手術しました・・こわかった~;;
オンコタイプ受けましたよ。ビミョーな結果でしたが、抗がん剤はしない診断になりました。
これが正解かどうかは3年5年10年後にならないと結局わからないけど、納得できたのでヨシとしてます。
完治まで先は長いけどぼちぼちがんばりましょう。
えみい
編集
2010.04.22 (Thu) 00:05:54
Re:はじめまして
えみいさん
はじめまして!
コメントありがとうございます!!
オンコタイプなさったんですね!!!
自ら道を切り開くその姿勢、カッコイイです!
3年、5年、10年と、答え合わせは随分と先になりますが、
でっかい二重丸◎を取りに行きましょうね(^^)v
管理人じゅんじゅん
2010.04.22 02:28
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.