忍者ブログ

私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌

 浸潤性小葉癌の健やかな予後と非浸潤性小葉癌の穏やかな経過観察 * Laugh & Health * 

じゅんじゅん(1968.申)大阪
手術時41歳
浸潤性小葉癌(1期)手術→放射線→TAM→&リュープリン(+ゾメタ)→TAM(単独)&非浸潤性小葉癌の経過観察中 このブログはあくまでも私個人の経験に基づく感想です
カテゴリー
最新記事
コメント
笑える!Laugh & Health
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
リンク
RSS
バーコード
ブログ内検索

[ HOME ]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.18 (Wed)
Category[]

「実はね」から始まる話1

「実はね」

「なにぃ?」いやな予感・・・。

「もうちょっと詳しく調べてました。通常の染色方法では陰性でしたが、免疫染色という方法では、ちっこーいがんが、がんとすべきものがありそうだと。実はね、そういうのがありました。大きさはトータルで4mmぐらいの大きさ。で、そういうがん細胞がりますが、どういうことかというと、偶然、横にもう1個あるんじゃないかな、と。で、乳管の中にあるんで、非浸潤性小葉癌というタイプにります。NCCNのガイドラインでは、経過観察です。浸潤性小葉癌っていうのが、じゅんじゅんさんのがんのタイプですけど、広がりがわかりにくくて、ポツポツと飛んでる事があるというのが特色で、昔は全部乳房切除してましたが、今は温存手術をする施設もたくさんあります。じゅんじゅんさんのがんの場合は、ポツポツとあってもいい」

「よくないけど」

「ビックリすることじゃない。今回、偶然一箇所、非浸潤性小葉癌がわかったけど、 別のところにもあるかもしれなし、それはわからない。 今わかってる情報から考えると、追加の手術は全く必要ありません、経過観察で良いとは思うんですよね。 今日、改めて話しているところは簡単に言うと経過観察で良いと思います。で、一番最初のがんの話に戻って・・・」

「そこまでの話をまとめたい。紙と鉛筆かして下さい」

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ人気ブログランキングへ
PR
2010.02.12 (Fri)
Category[全て]
Trackback(0)
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © 私の乳がん 浸潤性小葉癌と非浸潤性小葉癌 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.